DVの悩みを根本から解決!幸せな毎日を暮らす方法

DVからの完全脱出!本当の幸せを掴むには

 

「幸せは不幸な顔をしてやってくる」という言葉を聞いたことがありますか?

 

家庭内暴力(ドメスティックバイオレンス)の体験もまさしくその言葉通りのものです。

 

辛い・不幸な体験は、本当の幸せを引き出すための体験です。

 

「幸せになるためにDVから完全脱出したい」と真剣な想いのある方に読んでいただきたいです。

 

どうして私だけがこんな目に会うの?見つけるべきは本当の自分

 

どんなに時が経ってもDV体験の記憶が繰り返し起こってしまう。。。

メーコ
どうして私だけがこんな目に会うのか
そんな想いが浮んだ時は、今まで暴力・暴言をしてくる相手に向いてしまっている意識(気持ち)を自分自身に向けてみてください。
ヒロ
私にもDVを受けた体験があります。
本当にDV体験から脱出するためには相手に向けている意識を自分自身に向け直す必要があります。
なぜ?自分に向けなければいけないのか?それには2つの理由があります。
1.自分自身の中に眠ったままのネガティブな感情を浮上させて手放す

 

ネガティブな感情は、無意識にみないように蓋をしてしまいますが、実際は見ないようにするのではなく手放すことが必要なんです。

 

「なぜ?私だけがこんな目に会うの?」という想いから出てくる感情。

 

怒り、悲しさ、苦しさ、恨み、つらみ、さびしさ、悔しさなど、私の場合その想いからさまざまな感情が溢れ出してきました。

 

見ないようにするのではなく、あることを認めるだけで手放すことができます。

2.本当のあなたの心の声を聞く

感情を手放すことと一緒に自分の中にある固定観念に気づくことも大切です。

 

例えば
・結婚こそ幸せのゴール
・結婚したら妻は夫に従うべき
・夫は稼いで家庭を養ってくれる人

このような考え方が私の中に凝り固まった固定観念としてあり、結婚当時は「あたりまえ」で疑うこともありませんでした。

 

そんな自分の中にあるネガティブな感情や考え方(固定観念)も「あ〜こんな感情や考え方があったんだね」と認めてあげるだけで、自分自身の気持ちが軽くラクになります。

 

先ほどもお伝えした「手放す」という行為を続けていくことは、本当の自分へ出会うための扉を開けるようなものです。

 

その扉は玉ねぎの薄皮のように幾重にも重なっています。

 

「手放す」ことを継続していくと、ある時フッと軽くなっている自分自身に必ず出会えます。

DV体験は心の掃除!自分自身を生きる始まりです

 

「手放す」と言ってもガチガチに固まった固定観念やネガティブな感情は、なかなか手放すのが難しいものです。

 

そんな時もどうかあきらめないでください。

ヒロ
人は感情に大きく左右されますが「観察する」という行為を習慣にすることができれば「思考」を望むように変えていくことは、さほど難しいことではありません。

身体のトレーニングと同じです。

 

やるか?やらないか?の違い、誰にでもできます!

 

まずは、あなたが本当の私を生きると決めるだけでよいのです。

 

本当の自分を生きると決めたときは、ぜひニチメコのコンサルティングを受けてみてくださいね。

もちろん年齢は関係ありません。

ピンと来た時がそのタイミングです。

一緒に幸せに向かって歩める時を楽しみにしています。

ニチメコであなたの人生のステージを引き上げてみませんか?

◆幸せなはずなのに、なぜか心が満たされない…

◆この人生でまだやり残している大切なことがあるんじゃないか…

◆漠然と出てくる不安や恐れ、怒りをどうやって解放したらいいのか…

◆「こうあるべき」に縛られた窮屈な人生からなかなか抜け出せない…

◆人生に繰り返されるネガティブパターンを終わらせたい…

夫婦・親子・家族・社内・恋愛など、人間関係にまつわる問題から、人生の目的や生きる意味まで。

あなたの抱える問題の根本改善に導くプロセスを、メンタルコンサルタント太田ヒロが無料にてプランニングします。

無料カウンセリング詳細