相手を信じられないという思い。不信感につながるものとは?

自分が信じていたものは….

 

ずっと信じていたものに、ある日不信感が生まれてしまう。

 

そんな体験、生きていく中で1度はありませんか?

 

ニッチ
ずっと信じてきたのに…
メーコ
裏切られた…
自分以外の誰かに対して、このように感じて苦しむことがあると思います。

 

相手に対して、「それっておかしくない?」という思いから、信じられないという不信感が強く芽生えることが私には多くありました。

 

 

相手を理解できない苦しみが不信感に

 

例えば、

「皆がプリンを食べたことも作ったこともないのに、今日からお店の看板メニューで販売します」

 

ということを言われた時、圧倒的な違和感として不信感を募ります。

 

しかし、相手との思いの観点が違うため、理解が交わることはありません。

 

それにもかかわらず、私以外の人がそれを受け入れていくことが更に不信感を募らせていきました。

 

 

思いこみに気づくと相手の視点も見えてくる

 

そんな思いが募っているとき、まずは深く深呼吸をしてみてください。

 

そして考えてみてください。

 

実は、自分の思いこみや価値観、固定観念をもった状態で物事を見ても、ほんのひと握りしか見えることはできません。

 

1階の部屋の窓からだけ見る景色とスカイツリーの上から見る景色では、見える視野が全く異なりますよね。

 

 

広がった波紋があったからこその気づき

 

起きた出来事が序章に過ぎず更なる波紋が広がり、大切にしてきた信頼関係へと疑いを持ってしまうこともあります。

 

そんなときは、あなた自身のその「信頼」を見直してみるチャンスだと捉えてみてください。

 

それは心からの純粋な想いで、自分自身の全責任を持って「信頼」をしていますか?

 

そこには過度の期待や相手との優劣、そして崇めてしまうなど、そんな思いは微塵にも無いですか?

 

 

相手を見るために自分を見つめる

 

基本的に人は「相手」を責めてしまいます。

 

しかし本来向き合うべきは「自分自身」ということを忘れないでください。

 

自分と向き合い、自分を変えることは、あなたの大切な信頼関係すらも変えていきます。

 

なぜなら、「人は鏡」相手が映してくれているのは自分の心であるため、自分が変われば相手も変わっていくのです。

 

いまのあなたが信頼したいと思う相手に少しでも信じられないという不信感があり、その思いが自分を苦しめているのならぜひご相談ください。

 

その思いを一つ一つ紐解き、本当の信頼を築けるように一緒に歩んでいきましょう。

 

 

 

ニチメコであなたの人生のステージを引き上げてみませんか?

◆幸せなはずなのに、なぜか心が満たされない…

◆この人生でまだやり残している大切なことがあるんじゃないか…

◆漠然と出てくる不安や恐れ、怒りをどうやって解放したらいいのか…

◆「こうあるべき」に縛られた窮屈な人生からなかなか抜け出せない…

◆人生に繰り返されるネガティブパターンを終わらせたい…

夫婦・親子・家族・社内・恋愛など、人間関係にまつわる問題から、人生の目的や生きる意味まで。

あなたの抱える問題の根本改善に導くプロセスを、メンタルコンサルタント若山ゆかりが無料にてプランニングします。

無料カウンセリング詳細