「袖触り合うも多生の縁」を大切にすると起こること

突然ですが質問です(*^^*)

あなたは本当に大切な人と出会えていますか?

出会いは一瞬の間に起きていますね。
その一瞬を逃さないコツ。それは、自分の「心」からのサインを見逃さないことです。

「袖振り合うも多生の縁」
こんな言葉がありますが、意味は
『知らない人とたまたま道で袖が触れ合うようなちょっとしたことも、前世からの深い因縁であるということ。』

「故事ことわざ辞典」から引用

とあります。

本当に大切な人と巡り会えることは、男女の性を問わず素晴らしい出会いです。

自分にとってそんな大切な出会いをしたいと思う方も少なくないでしょう。でも、今気づいていないだけで、みんなに必ずいるのですよ〜^^

ことわざの意味にあるように、今までたくさんの生まれ変わりをしてきたことを現していると思うと、昔の人はもしかしたらすべてを分かっていたのかもしれませんね。すごいなと改めて尊敬の念を感じます。

因縁という言葉は少し強いような気もしますが、それだけ心に響く方たちとはご縁が在るということなのでしょう。

大きな努力はしなくても大丈夫です。でも、日ごろからほんの少しだけでも気持ちを相手に向けてみるだけでも変化はあります。

目があったら笑顔で挨拶してみる
首を傾けて挨拶らしいものをしてみる
声掛け(挨拶でも0K)だけでもしてみる
ちょっと立ち止まって話しかけてみる

まずは笑顔だけでも十分!

それはまるで自分を高めていく感覚に近いかもしれません。

笑顔でいる人のそばに居たくないと思う人は少ないと簡単に想像がつきますよね。

そしてこれが新たな出会いにつながっていくと考えると、どう思いますか?

あなたが心から出会いたいと思う人とはきっと素晴らしい関係をき築き上げられる人だと思います。

そんな人との出会いは一瞬だと考えたら?そして、その一瞬でなにかが決まってしまうと考えるとしたらどう感じますか?

まずは、自分の行動を大切にしていき、出会いを広げていくチャンスを広げてみるのは大切な出来事の1つでしょう。

自分が「この人と出会えてよかった」と思えるようなきっかけを自らが創り上げるようになれたら素晴らしいのではないでしょうか。

私も、家族とは別に本当に大切に感じる人がいますので、その出会えてよかった!と思えるところはとても共感できます。

そんな心で繋がり合える奥深い人との出会いがあると思うと楽しくなってきませんか?

そのためには・・!

自分の心からのサインを見る練習をしていくといいと思います。最初は少し練習が必要かもしれません。

私たちは自分の「心」というものに対して無関心なときが多いのかもしれません。

なぜなら今ここにいる私たちはネガティブに傾いているようですので、どうしても不安や怖れに引っ張られがちなのです。

そこを変えていって、自分の思う最高で最善を創り上げるにはちょっとしたコツがあるのです。

このコツがわからないなと思うときは、一緒にお話しながらそのヒントを掴んでいただけるなら嬉しいです。

そして、ぜひあなたにもこれが最善の自分だと思える毎日を送っていただきたいと思います。

ニチメコであなたの人生のステージを引き上げてみませんか?

◆幸せなはずなのに、なぜか心が満たされない…

◆この人生でまだやり残している大切なことがあるんじゃないか…

◆漠然と出てくる不安や恐れ、怒りをどうやって解放したらいいのか…

◆「こうあるべき」に縛られた窮屈な人生からなかなか抜け出せない…

◆人生に繰り返されるネガティブパターンを終わらせたい…

夫婦・親子・家族・社内・恋愛など、人間関係にまつわる問題から、人生の目的や生きる意味まで。

あなたの抱える問題の根本改善に導くプロセスを、メンタルコンサルタント田中千春が無料にてプランニングします。

無料カウンセリング詳細