受講生の声

メンタルコンサルティング受講生の声

ハンドルネーム

りんさん

30代女性

ご相談内容:自己肯定感を高めたい

今まで受けたカウンセリングと何かが違うような気がして申し込みましたが大正解でした!

 

何をするにも人と一緒に何かをするのがいやだ。結婚もしたくない。と思いつつ、こんな私はダメだと葛藤を抱えていました。

 

とても混乱していたのですが、寺尾さんに、私の繰り返している考え方を的確にすくいあげて言葉にしてもらったときは、暗闇の中で初めて光を見たような感覚でした。

 

うまく言葉にできませんが、自分のことをもっと好きになっていいんだ!といううれしい気持ちになったのは、初めてです。また、迷ったときは、お願いします!

ハンドルネーム

久保恵奈さん

30代女性

ご相談内容:仕事と子育ての両立

先日は貴重なお時間を頂き、ありがとうございました。

 

仕事と子育てが両立できず、忙しくなるとつい子どもに当たってしまい、そんな自分が許せなくて自己嫌悪に陥っていました。

 

仕事が好きで、プロジェクトリーダーとしてもっと活躍したいのに、そうすると子どもの教育が出来ない。子どもさえいなかったらと考えてしまう自分が恐ろしくなって、誰にも相談できずに苦しんでいたのが嘘のようです。

 

鈴木さんの子育てのお話しはとても勉強になりました。仕事も子どもも、両方大事にしていいんだと希望が湧いてきました。本当にありがとうございました。

ハンドルネーム

渡辺梓さん

40代女性

ご相談内容:自分を変えたい

いつも人の顔色を窺って隅で縮こまって生きている自分を変えたいと思って申し込みました。

 

お話を聞いてくださっている中、私の心の内がまるで見えるかのように核心に切り込むような投げかけをいただきました。

 

私の中では手痛い一言でもありましたが、実はその言葉をいただけたことは、次へ進むために必要なものだったのだと感じます。

 

人と比べなくてもいいというお話は胸に沁みました。自分をもっと出して生きても大丈夫な気がしてきてます。ありがとうございました。

人間関係統合カード受講生の声

ハンドルネーム

はち

男性

◎修復できなかった親子関係に回復の兆し!

小学生の息子の非効率な勉強方法を見かねて、もっとこうすればいいだろ!と口を挟んだのをきっかけに関係が悪化。すぐに元に戻るとたかをくくっていた親子関係もなかなか修復できず、困り果てていました。

 

そんな時に「親子関係改善の決め手になった」とクチコミを見つけ、人間関係改善統合カード講座に興味を持ちました。

 

「本当にカードで人間関係が改善できるの?」と半信半疑でしたが、いざ受講してみたら私の想像の遥か上をいく内容に目からウロコでした。

 

心の動きにはパターンがあって、人間関係はこの5枚のカードを使い分けてやりとりが行われていることを教えてもらいました。

 

この講座で学んだコミュニケーションの本質を、知るのと知らないのでは相手との向き合い方が全く変わってきます。

 

早速受講した内容を子供とやってみました。子供にはまだ難しいかなと思いましたが、カードという馴染みのツールは子供にも受け入れやすかったようで、呑み込みの早さにびっくりします。

 

これまで非言語の思考や感情は、お互いに表面化していないので手探りでした。それをカードを使って「見える化」できることで、子供が感情的になったり、自分が冷静でいられなかった理由も、客観的に分析できるようになりました。

 

「お父さん、そんな風に思ってたんだ」とポロっと子供の口からでたり、親子関係が、同じ人間同士という共感できる関係になっていくように感じます。親子関係だけでなく、仕事にも、生きること全般にこの講座は広げて行けると思います。

ハンドルネーム

FK

女性

◎自分が変わると相手も変わる!これ、本当なんだ!

小学生の男の子を持つ母親です。幼児の頃からとても育てやすい子でした。ところが小学4年から突然不登校になり、私とのコミュニケーションも難しくなりました。

 

その時にネットの検索で、人間関係改善統合カード講座の事を知りました。「自分ひとりでも解決できる」と書いてあったので、藁をも掴む思いでやってみました。

 

息子との会話もままならないので、息子の感情は私が代弁しながら講座を進めることにしました。

 

カードを使うと、これまでのやりとりが客観的に見れて、お互いの感情の動きやコミュニケーションの問題点が見えてきました。

 

まず、息子が小さい時から、私が育てやすいように誘導していたこと。そして息子の気持ちを見ないまま来てしまった事に気がつきました。それが、親の務め。子育てだと思い込んでいたのです。

 

そこに気づいて、私の在り方や「本当は息子とどうなりたいのか?」など私の内側に問う事が多くなりました。

 

また、感情的になっていないか自分を俯瞰して見ることもできるようになりました。そうしたら、息子の方から私に話しかけてくるようになったんです。

 

息子にはこの講座のことは何も伝えていなかったのに…。

 

自分が変わると相手も変わる!これ、本当なんだ!って新鮮な驚きでした。

 

まだまだ、これからですがこの講座で学んだ事を生かして、息子との関係を修復していこうと思います。そんな光が見えた講座でした。この講座に出会えて良かった。本当にありがとうございました

ハンドルネーム

のぶ

男性

◎講座を終えて驚いた!自分が変わると相手の行動まで変化!

(僕)
なぜ、おはようも言えないの?
なぜ、朝からしかめっ面なの?

 

(妻)
なぜ、トイレの蓋が閉められない?
なぜ、電気つけっぱなし?

 

本当は仲良くしたいのに、罵り合うことばかり。居たたまれなくなって部屋に篭り、自問自答を繰り返す。

 

この日常を変えたくて、色々なセミナーに参加したのですが、改善はみられないまま。そんな時に、問題の根本に気づき根っこから変えられるという統合カード講座を受講しました。

 

講座の中で、コミュニケーションにはパターンがあって、その中の無関心を無意識に選択していることを知りました。

 

妻だけでなく、自分まで責めていたことが原因でした。誰からも責められないための無関心の防御。それが攻撃を引き出し、うまくいかない根本原因を作り出していることに気づきました。それで自分を変えていきたい想いが強くなりました。

 

講座を終えて驚いたことがありました。夫婦は一対の反射鏡だとは、理解していましたが、自分の感じ方が変化すると、相手の行動まで変化するのです。

 

今まで相手を変えようと一生懸命になっていたのに、自分を変えようと行動し始めたら妻から、おはようって笑顔で迎えてくれるようになったんです。

 

理屈はわかりませんが、実際に望んでいた関係に変化しているので、これほど素晴らしいツールはありません。毎日変化していく事に楽しく幸せ感じている日々を過ごし始めています。

ハイヤーディメンションゼミナール
受講生の声

ハンドルネーム

くうさん

50代女性

自分を責めるか相手を責める!その二択以外の新しい選択があったなんて。

私は幼少期の頃から楽しいと思えない生活、家族の機能不全の中にいました。そこから「人はなぜ生きているのか」を知りたくて「スピリチュアル」の本を30年近く読みあさりってきたのです。

 

でも自分に都合の良い情報だけ取り入れていることに気づき、このままでいいのだろうかと考えるようになり「自分を知る」覚悟をしました。ところが、楽しく幸せなはずなのに、そう思えない自分に絶望と失望を繰り返し、ネガティブな想いだけが増幅してくことに耐えきれなくなっていました。

 

もうダメかもしれない···そんな時にハイゼミのサポートスタッフさんの書かれている、自分軸の記事を目にしたのです。その中に学長直伝のワークがあったのでやってみると、今までにない手応えを感じられたので入ってみたいと思うようになりました。

 

いざハイゼミで学ぶようになって、感情がこんなに大事だったことを初めて知りました。感情を無視したり、蓋をして押しこんできた私にとって、驚きの連続です。

 

また、これまでは相手を責めるか自分を責めるかの二択しかなかった私の思考回路に、この世界はホログラムであるという物理学の概念を教えてもらえたことで幅がでました。

 

自分の世界は自分が創っている、という理解も進み、自己責任(自分のせいではなく)という立ち位置で出来事を捉えていくことで、心地よくない感情を解放、そして新しい意図をすることで自己完結できるようにもなりました。

 

また意識の在り方の学びでは、被害者意識、優劣、依存、損得、罪の意識···これらの負の感情をベースに日々を過ごしていたことにも気づけました。

 

自分を知るということについても、色々な角度から学ぶことで理解が深まり、絶望が希望に変わっていきました。

 

いま受講前に私の知りたかったことが全て学べています。しかも学長が伝えるハイゼミの学びは一貫していて、そこに何の矛盾もないことに安心感を覚えます。

 

自分という軸をしっかり持つということ、自分を信頼するということ、「気づく」ことの大切さ、常に思考し観察していること、口にしていることに意識を向けることなど、学んだことを意識的に日々の日常の中で実践し落とし込むことで確実に変化していくのを感じられます。

 

これらも頭で知識として理解することと、実際に身につけることは別物でした。今まで閉ざしてきた感情も、いらないものを解放し、新しく意図することで書き換えが叶う体験が出来ています。

 

学長さん、ノリヤスさん、サポートスタッフの方々の肯定的な受け止め、丁寧な寄り添い、そして、こういう苦しい思いをしているのが自分だけではないと思える皆さんとの学びにとても救われた部分があります。いろんな出来事が起こってきても動じない心で人生を楽しみたいです。

ハンドルネーム

ドッティさん

60代男性

現実の捉え方が驚くほど変わっていった。

私がハイゼミに入ったきっかけは、今の自分自身を変えたい、変わりたいという思いからでした。ハイゼミで学ぶ中で、現実の捉え方が驚くほど変わっていくのを感じています。

 

最初のきっかけは、この世界は全部自分の見え方や捉え方次第だということが理解できた時です。自分で作ったスト-リ-に喜怒哀楽を感じて、一喜一憂の体験をしてきたことに気づいた時、問題は相手ではなく自分自身の中にあることがわかりました。

 

現実を体験しながら、同時に自分の内側を観察できるようになると、どんな反応を無意識でしていたのか?どんな不平不満を心の文句として呟いていたのかが、はっきりと聞こえるようになりました。

 

これが私の現実を作っていたのか!と驚いたと同時に、私が理想とする世界を作りだす指針ができました。

 

それを表現すると「自分の意識の波動が投影した現実に翻弄されず、自分の内側をしっかり観察しながら生きること」です。それが「本当の自分と繋がって生きること」と思っています。

ハンドルネーム

ふわもさん

50代女性

対人恐怖症の私が、考えられないほど沢山の人と関われるようになれた。

10代の頃から人が苦手で、心の病(対人恐怖症)に何十年も苦しんできました。子供の頃は家にも学校にも居場所がない孤独感、大人になってからは社会に適応できない生きづらさを感じる毎日でした。

 

何の感動も目的もない、生きているのか死んでいるのかわからない毎日。親や社会にあわせ、ガマンし、無理をして、いい子やいい人を演じる毎日。そのストレスから心身のバランスを崩し、数年間、寝たり起きたりの状態が続きました。

 

そんな日々を過ごす中で「こんなに苦しいのに何で生きていなければならないのか、生きることに何の意味や目的があるのか?」と疑問を感じるようになりました。その答えを見つけるべく、宗教や、色々な療法、カウンセリング等を試しましたが、答えは見つかりませんでした。

 

その後、精神世界の事に興味を持つようになり色々な本を読む様になりました。その中で次第に「知識だけではなく、日常生活に起きている問題に対処できるガイドがほしい」と思うようになりました。そんな思いで、パソコンで精神世界の事を検索していると、ハイゼミの自分軸の記事を見つけました。たくさんの記事があり、そのどれもが私の心の深いところにストンと落ちるのを感じました。

 

実際に入会してみて、学長さんの人智を超えたお話を聞き「これこそが私の魂が本当に求めていた答えだったんだ!」と感じました。子供の頃からの辛い体験の意味、生きる意味や目的、本当に幸せになる為の道しるべなど、全てがここにあると思いました。

 

当たり前だと思っていた世界が小さく制限されたものだと気づいた事、自分の意識次第でいつでもその世界から抜け出し、自由に自分の世界を創造していける事、ホログラムの事。これを知ることができた事が人生の大きな転換点になりました。

 

そして私自身の最も大きな変化は「両親に感謝できるようになった事」です。その意識が母を変え、周りの人達を変えていきました。また、いい人をやめ、ありのままの自分に正直に生きるようになった事で心がとても軽くなりました。

 

人が怖いという思いも、以前の様にそれにとらわれる事なく、俯瞰して見られるようになった事で以前のような生きづらさはなくなりました。

 

優しく穏やかな人柄の学長さん、ユーモアのあるノリヤスさん、そしてありのままを受け入れてくれ、お互いを高め合う関係のハイゼミ生。

 

対人恐怖症の私が以前では考えられないぐらい、たくさんの人々と関わる事が出来ています。今は、皆さんと自分の中の可能性を発見する事にワクワクしながら学び、毎日を生きています。