やりたいことを見つける3ステップで深まる自信と自己信頼

やりたいことをしている人は生き生きしていて、毎日が充実して楽しそうですよね。

そういう人を見て羨ましいとは思うけれど、自分はやりたいことも分からないから無理だと諦めないでください。

やりたいことを見つけるのは、それほど難しいことではありません。

3ステップでできる簡単な方法をご紹介しますので、ぜひ試してみてください。

やりたいことは何?

そう聞かれても、何も思い浮かばない。

どうせ自分なんて、特別な才能があるわけでもないし、得意なことがあるわけでもない。

何をやっても上手くいく気がしない。

そう思って毎日を過ごしているとしたら、過去の自分に駄目出しをしているのかもしれません。

どのような過去でも、今のご自身を作ってきた大事な日々であり、そこから未来に繋がる希望が生まれてきます。

今ここに居るあなたは、過去と未来を含んで存在しています。

過去にも未来の希望にも全てにOKを出して、やりたいことをやって、今をもっと充実させていきましょう。

そのために、全てが大事な自分であることを確認する「頑張ってきたことリスト」を作ってみましょう。

作り方を3つのステップで説明します。

頑張ってきたことリストの作り方

1、今まで時間やお金をかけてきたこと、頑張ってきたことを書き出す

やり方はとてもシンプルで、思い出して書き出すだけです。

例えば、通勤を頑張った、職場の雰囲気が良くなるように頑張った。

主婦の方なら、毎日のお弁当作りを頑張った、お掃除を頑張った。

家族が健康でいられるように、お料理を頑張った。

このように当たり前だと思っていることでも、頑張ったことを書き出してみましょう。

書き出す際のポイントは、最後を「頑張った」で締め括ることです。

そこには、途中で諦めてしまったことも含めてくださいね。

例えば、通信教育を途中で止めちゃったけど、でも頑張った。

このように、少しでも頑張ったのならリストに加えましょう。

もちろん、三日坊主だったあれやこれやもリストに加えてくださいね。

出来るだけたくさん書き出せるように、学生時代や子供の頃に遡って、頑張ったことを思い出してみましょう。

2、リストを眺める

たくさん書き出したらリストを眺めて、今まで本当によく頑張ってきたご自身を労ってあげましょう。

そして、辛かったけど、とにかく頑張ったあの頃の自分をいっぱい褒めましょう。

  • 当時は辛いとしか感じなかったけど、よく頑張ってたんだなあ。
  • ダメな自分を責めてばかりいたよなあ。
  • 人を優先してばかりで自分の気持ちを無視してたなあ。
  • 自分はダメだと思っていたけど、結構いろいろやれてたんだ。
  • やれたかもしれないのに、無理だと諦めてしまってたんだ。

このように過去を振り返ると、いろいろなことに気づけると思います。

3、これから何をさせてあげたい?

これ程たくさん頑張ってきた自分に、何をさせてあげたいかを考えてみましょう。

頑張ってきた自分に気づくと、やりたいことをやらせてあげたくなりますよね。

どのように些細なことでも、楽しいと感じることをやっていきましょう。

やりたいことをやって楽しんでいる自分を知ることは、自分にたくさんのOKを出せて自己信頼と自信を深めていきます。

すると自分のことが大好きになり、それが周りに伝わって楽しさや喜びがどんどん広がっていく。

そんな世界で生きていかれるのです。

ただ何となく過ごしていた毎日を充実した楽しい毎日に変えて、あなたをもっと幸せにしてあげてくださいね。

一人で取組むのは難しいと感じるようでしたら、コンサルタントがお手伝いいたします。

コンサルティングでは、退屈な日々を楽しく豊かな毎日に変えていくためにお話しさせていただきます。

いつでもお好きな時に、気軽に声をかけてくださいね。

ニチメコであなたの人生のステージを引き上げてみませんか?

◆幸せなはずなのに、なぜか心が満たされない…

◆この人生でまだやり残している大切なことがあるんじゃないか…

◆漠然と出てくる不安や恐れ、怒りをどうやって解放したらいいのか…

◆「こうあるべき」に縛られた窮屈な人生からなかなか抜け出せない…

◆人生に繰り返されるネガティブパターンを終わらせたい…

夫婦・親子・家族・社内・恋愛など、人間関係にまつわる問題から、人生の目的や生きる意味まで。

あなたの抱える問題の根本改善に導くプロセスを、メンタルコンサルタント江口祐子が無料にてプランニングします。

無料カウンセリング詳細